花粉もお肌の大敵!

 

春がもうそこまで来ている!と感じる今日この頃です!

春の日差しは浴びているだけで本当に気持ちがいい物ですね。

紫外線には気を付けなくてはいけませんが、春の日差しは細胞も喜んでいるような気がします。

 

春の訪れは喜びですが、「憂鬱」に感じる人もいますよね・・・

 

そう、花粉症の人です。

私もそのうちの一人で、朝から目がかゆかったり、くしゃみがでています。

ここぞという時には、市販薬を飲まなくてはなりません。

 

で、この花粉、実はお肌にも大敵であるという記事を読みました。

花粉とお肌?とピンとこない人もいるかもしれません。

大気中を舞っている花粉は、もちろんお肌にも飛んで付着するのですが、

お肌のバリア機能”が低下していると、お肌に悪影響を及ぼすのだそうです。

 

お肌のバリア機能って聞いたことがありますか?

最近、スキンケア商品のパンフレットで見かけることが多い言葉なので、知っている人もいるかもしれませんね。

 

健康なお肌というのは、角質がキレイに並んでいます。

例えると、タイルが等間隔で並び、隙間もびちっと埋まっているような状態ですね。

キレイに貼られたタイルの上に水を流しても、砂をかけても、タイルの下にそれらがしみることはありません。

一方、不健康なお肌は、このタイルが重なってしまったり、間隔もあいてしまっている様な状態。

しかも、タイルとタイルの間の目地はしっかり詰まっていないのでスカスカな状態です。

この様な状態だと、水や砂はタイルの間を潜り抜け下にしみだしてしまいますね。

 

話を実際の肌に戻すと・・・

肌の表面に花粉が付着すると、乱れた角質の間でそれがお肌を刺激して炎症を起こしてしまったりするのだそうです。

なので、冬から春に入れ替わるこの季節は、お肌が整った準備万端の状態で迎えることが大事なんですね。

今、肌荒れを起こしている!という人は、もう一度自分のスキンケアを見直してみましょう。

 

  • クレンジングはお肌に優しく、こすらずに行っていますか?
  • 洗顔は石鹸をよく泡立てていますか?
  • 化粧水やクリームを肌にこすりつけていませんか?

 

基礎化粧品が自分に合っていても、その使い方が間違っていると肌は間違いなくSOSを出してきます。

多くの人が新しい生活を始める春。

お肌のお手入れ方法も、もう一度基本に帰って見直しをしてみませんか?