コットン派?ハンドプレス派?

ローションをつける時、コットンを使っていますか?

それとも手のひらでハンドプレス?

それぞれの良い点を挙げると・・・

コットンは、ローションを顔全体に均一に塗れるような気がします。

顔にはおうとつがあるので、手でつけると、どうしても濡れてないところが出てきてしまいますよね。

ハンドプレスのいいところは、摩擦が少ないという事。

お肌をこすると、お肌を傷つけてしまう可能性があります。

もう一つのいい点は、手のひらでつけると、ローションが体温で温められ、お肌へのなじみがいいという点です。

どちらの方法でローションをつけるか、最終的には個人の好みによると思うんですが。

 

最近読んだ美容関係の本によると、どちらを使うかは使っているローションの説明書きを参照すべき、とのこと。

どちらでもいい場合、皮膚科専門医の著者は「ハンドプレス」を推奨しています。

手で付けた方が、自分のお肌の状態を確かめられるそうです。

ハンドプレスすると、手の方にローションがついてしまって”もったいない”って思う人も多いと思いますが、手に付くローションの量はそれほど多くないんですって。

前出の皮膚科医によると、高価なローションをちびちびつけるよりは安くてもパシャパシャつけられるローションの方がお肌も喜ぶそうですよ!

毎日使う物だから、価格も使い心地も納得のいくものを選ぶと良さそうですね。