コスメの自分史

スキンケアを始めたのはいつから?

メイクをし始めたのはいつから?

このブログを開設するにあたって、自問自答してみました。

スキンケアは、お風呂上がりのクリームを塗ったのが最初でしょうか?

小学生の時には、両親が使っていた保湿クリームを塗っていたような記憶があります。

桃の葉エキスのクリームとかニベアとか…?

中学生の頃には、お小遣いでティーン用の乳液を買っていました。

 

 

メイクを始めたのは、忘れもしない、大学の入学式の時。

テレビのCMで、当時人気の女優さんが出ているメーカーの物。

化粧下地やファンデーションの試供品セットを配布していると聞いて、近所の薬局までもらいにいったっけ!

初めて使ったファンデーションは、香りもどこか大人っぽくて、でも肌をふさがれているような初めての感覚にドキドキしたものです。

当時は、ファンデーションは難なく塗れたものの、眉毛を描くのにはみ出てしまうし、口紅もなんだか浮いてしまって自分の顔じゃないみたいでした!

 

あれからウン十年。

その時のお財布のふくらみ具合に合わせて色々なコスメを試してきました。

並行輸入が流行って、通販で海外ブランドのコスメを取り寄せていたこともあります。

あの頃は見栄ばかりで、ブランド名だけでコスメを選んでいたなー。

ナチュラルメイクが流行りだした頃は、ファンデーションは塗らず、パウダーだけで妙に粉っぽかったり。

100円ショップのコスメも試しましたよ!

奇抜な色のアイライナーとか、ラメのアイシャドウとか、文房具を揃えるような感覚で購入。

使わなくなったコスメを捨てては、また新しいコスメに挑戦したり・・・

 

 

今まで気が付かなかったけど、コスメって19歳の時から常に自分と一緒にありました。

コスメを見たら、その時の自分の状態が分かるくらい!

昔の記憶にしばし浸ってしまいました・・・。

 

自分とコスメとの関係- あなたも見直してみると新しい発見があるかもしれませんね!